ZOZOの前澤氏突然のTwitter活動休止宣言!!

皆さんこんにちは。
ユニスタオンラインのコニです。

今、ニュースを見ていたら、ZOZOTOWNの前澤さんが突然のツイッター休止宣言。

まーそうでしょうね。
ご自身、そんなことしてる場合じゃないでしょうから。

株価は5,000円程から3分の1下げて今は1.800円前後。

ZOZOスーツのサービスは赤字。
他にも、[有料会員になれば割引をするサービス]も業界からの反感を買っているようですから。

それに伴い、大手衣料企業のZOZOTOWN撤退が発生している反面
シマムラなどのファストファッションブランドを参入させたりと。
(全国チェーンの安価なファストファッションブランドをネットで購入する意味がないと思いませんか?)

これは只の「値下げ」と同等行為

ですので、いつも僕が言っているように、値下げは最終手段ですから。
アウトレット参入したハイブランドが衰退の一歩を踏み出すように、ZOZOTOWNも低迷しているという事でしょう。

他の高級ブランドからすれば、同じ土俵にされるのも嫌でしょうしね。
そういえば、意味の分からない「送料をお客さん自身で決められるサービス」とか過去にやってませんでしたっけ?
確かZOZOTOWNでやっていたと思いますが、違うかったらごめんなさい。

そして
究極の勘違いからの

1億円お年玉キャンペーン

そんな事をしている場合じゃないでしょうに。
お金で人を釣ってメディアで取り上げられた分の宣伝効果はあったかもしれませんが、世の中の半数は敵に回したでしょうね。
お金で釣られるような人間が、今後も支持してくれるかどうかも判断できない時点で問題ではありますが。
(調べたらキャンペーン終了と同時に、200万ぐらいフォロワーが減ったらしいです)

とにかく、この人のやっているサービスはサービスではなく

お金で遊んでいるだけ、なんですよね。

ダウンタウンの松本仁志さんも言っていましたが、お年玉キャンペーンは僕の見解と同じで
端から見たら、普通に引いちゃいますよね。

あ・・・
こんなサービスやっちゃう人なんだなー。。。って。

松本さんの場合はTVで発言しているから正直にキツイ言葉では言えないですけど、そういう事だと思います。
だから、ツイッターを一旦中止して本業に取り組むといっているのでしょう。

売上高は年々上がっているとはいえ、経営利益のパーセンテージは少なくなっている。
それだけ客単価が下がっているという事です。
マージンが減益していますので、本業が傾きかけていますから。

経営傾いてんのに、お年玉第二弾なんか言ってたら株主が相当怒るような気もしますがね。。。汗

病の子を助けるのは良い事だと思いますが。
その子だけを支援するというのも違う気がするし、難しい問題ですね。

ご自身がツイッターで「目の前に倒れている人がいたら助けるでしょ」と言っていますが、それはそれで分かる。
助けない糞もこの世の中にはいますけど。

なら、世の中の不幸な人全員が前澤さんの家に押しかけたら、その全員分を背負う覚悟があるのかな?
とも思うしね。
自分が破産してまでそんな事はしないでしょうから。

それと売名行為じゃないと言うなら、わざわざSNSで発信しなくても良いですよね。
そこが一番の問題でした。
芸能人でも、名前を伏せて復興活動や募金・ボランティアをしている人がたくさんいますから。

僕は前々から思っていますが、

「この人は月に行く前に超絶赤字決算を起こしそうな勢い」

ですね。
たくさんの従業員がいますし、株主をないがしろにして、変なサービスや自己顕示欲ばかりSNSやメディアで見せつけていたら世の中の反感を買ってしまうだけでしょう。
大手企業の超絶赤字の原因は多くは雇用問題にあります。

30万円の従業員を100人雇うだけで月に3000万円の経費がかかります。
年間で3600万円です。

ZOZOは現在1000人程の従業員がいます(2019年2月時点)
月に3億円です。年間で36億です。
あくまで30万円の給料の試算ですから、役員手当とか含めたら莫大な金額でしょう。

そこに経営の利益(赤字)が乗っかってきたらどうなるかは誰でも理解できます。
そうなれば事業が傾き、赤字が続けば経営も持たないでしょう。

僕が過去にブログの記事にした「大塚家具」赤字の予想どおり今回もそうなるかどうか。

ゾゾは[大塚家具]の二の舞になるかどうか。
僕の予想では5年後には、そうなりそうな気がしています。

追記

2019年2月13日大手衣料メーカー「アローズ」がZOZO離れを明記しました。
今後もこの流れは加速していくでしょう。

アナタにおすすめの入荷情報