皆さんこんにちは。
ユニスタのコニです。

このサイトを立ち上げてから早くも2か月近くになります。
今まではアメーバブログで買取品の入荷情報やブログも書いていましたが、あまりSEO的によろしくない結果が出ましたのでこちらに切り替えをしたところです。
全てがダメだったわけでは無いです。(ブログを見て買取依頼をいただく方もたくさんいらっしゃったので)

ドメインも変更となりましたので、自由気ままなGoogleの評価はゼロからに等しいですが頑張って更新していこうと思っています。

アメーバブログでも経営の事についてたまに記事を書いていました。

突然ですが、
皆さんは年収1000万円になりたいですか??

なれるならなりたいですよね。
よくインターネットでも、「年商1000万でフリーランスやってます。」
とかよく掲げているのを見かけます。
アフィリエイターとかコンサルに多いんですが。

僕なら
たかだか年商1000万円で大きな事を書くのは大恥をかくだけ
だと思っています。

皆さんには現実を知ってもらいたいので書きます。

年収1000万円という事は、普通に仕事をしていると
まー、最低でも3000万円は年商が無いと無理じゃないでしょうか。

簡単に書きますと。
1000万円の売上だけだと
1000万円から消費税・所得税・住民税・事業税などがしょっぴかれます。
そして、個人事業でフリーランスなら国民保険と国民年金が加算されます。

大阪で今のところ保険料MAX月6万後半だったかな??
国民健康保険は年収に応じて加算されますから。
僕の場合、口座引き落としなのであまり額面を覚えていないですが。
毎月最低MAX額の6万は引かれています。

そこに僕は結婚しているので国民年金二人分3万円ほどが加算されます。
もうこれだけで月10万円程度払い込んでます。
病院もほとんどいかないのにw
1年で120万円程が国民年金と国民保険でしょっぴかれます。

さーどうします?
既に880万が残高です。

そして、商売をするなら仕入れも必要です。
だいたいの基準でいくと商売は基本的に仕入れが販売価格の3割程度が妥当と言われています。
1000円の商品を販売するなら300円で仕入れろという事です。
(もちろん、人気の商品などになると6~7割の原価で仕入れることはあります。)

1000万円の年商にするなら300万円は仕入れ額という事ですね。
880万円から300万円を引くと

残高は580万円です。

そこから消費税(年間売り上げが1000万円以上の場合)・所得税・住民税・事業税が全部でウン百万引かれます。
その他、接待交際費や交通費などの諸経費を使っていると年間100万くらいはあっという間にぶっ飛びます。
事務所があるなら家賃だけで年間ウン十~ウン百万飛ぶでしょう。

また、外注費なども発生すればさらに費用がかさみます。
年商1000万円で=300~400万円が年収になればかなり良いところでしょう。
現実はもっと厳しいでしょうね。

要するに年商1000万円程度では
サラリーマンの平均年収にも及ばないのです。

そしてこれが現実です。
従業員がいようものなら悪夢ですね。

なので単純計算で3倍の年商3000万円は必要といっているのですね。

それとTVでもよく年商何億とか語っている経営者がいて、数年後には廃業していたり、実は赤字でした。
なんてことはよくあります。

年商はあくまでも年内の商いの売り上げにすぎません。
売り上げが1億円でも2億円の諸経費があり、1億円のマイナス=赤字の企業もたくさんありますので騙されないようにしましょう。

なので経営者は複数個所からの所得確保に勤しむのです。
個人で商いをしていても時間の問題でやれることが限られてきます。

時は金なり

そして身体が絶対につぶれます。
年商1000万円でも寝る間もなく働いている人が多いです。

それでも、僕は私は事業を立ち上げたいという方は、まずは年商1500万円を目指しましょう。
そしたら1年間はサラリーマンとしての時と同様レベルでは暮らせます。(普通の商いをしていればですが)
後は、継続で上昇するのみです。

これからはクレジットでの会計が進んでいますので中小企業はさらに苦しくなります。
売り上げが発生しても入金されるのは後日となり、さらにクレジット会社から手数料も取られますからね。
それと、これから事業を立ち上げようと思っている方、消費税も昔は年商3000万円以上からしか発生しなかったんですよ。
それが今は年商1000万円から。

中小企業を潰しにかかり、さらには新規事業までも立ち上げの邪魔をするという暴挙。
政治家のすることにはホント感心しますね。
これが今の日本です。

アナタは危機感は感じますか?

アナタにおすすめの情報